先日、「未来視」というテーマで、未来を予想しデザインによる課題解決を図るというコンセプトで始まった本年度の教育プログラム・未来デザインネクストの、今期のプロジェクトを締めくくる企業への企画プレゼンテーションが終了しました。

福岡デザイン専門学校(FDS) 未来デザインネクスト(新出光)

本プログラムに協賛いただいた株式会社 新出光様へのプレゼンを行いました。

福岡デザイン専門学校(FDS) 未来デザインネクスト(新出光)
3チーム6名の学生+教職員10名で、福岡市博多区にある本社のビへお伺いしました。

福岡デザイン専門学校(FDS) 未来デザインネクスト(新出光)
福岡デザイン専門学校(FDS) 未来デザインネクスト(新出光)
福岡デザイン専門学校(FDS) 未来デザインネクスト(新出光)
代表取締役専務執行役員の三ツ石さま他9名の社員の方々を前に、「10年後のサービスステーションの機能」という課題への企画を発表しました。

福岡デザイン専門学校(FDS) 未来デザインネクスト(新出光)
個別チームごとに、質疑応答・コメントをいただきながらのプレゼンタイム。
太刀川瑛弼先生を前に10月に行われた学内講評会から、さらに企画をブラッシュアップして望んだ今回、新出光様からも、課題への自由な発想と可視化力が高く評価されたように思います。学生にとっても、企業の企画に対する視点を学べた貴重な体験となりました。1時間のプレゼンタイムもあっという間に終了。

福岡デザイン専門学校(FDS) 未来デザインネクスト(新出光)
最後の講評では、世界へ発信できるデザイナーに、という激励もいただきました。
この度は貴重な体験をありがとうございました。この経験を励みに、これからも頑張りましょう!