FDSを卒業した先輩たちの今をご紹介しています。
さて今回は、デザインでも幅広く分野があるので、まずはグラフィックデザインの現場から。

(有)デザイン・サン・アイ
福岡市を代表するデザイン事務所の一社で、広告宣伝、販売促進に関する企画制作が主な業務。大手の広告代理店や印刷会社がメインクライアントです。
主な制作物として、ポスター・パンフレット・カタログ・会社案内・チラシ・DM・パッケージなどのグラフィックデザインの企画、制作を手掛けています。スタッフは20代から30代を中心に総勢26名のデザイナーが働くデザイン事務所です。

01

02

さてそこで、FDSを卒業後、デザイン・サン・アイでデザイナーとして活躍している4人に質問してみました。

 

——————–——————–
草場香子
7期2005年卒・有田工業高校出身
——————–

Q.この会社では、どのような仕事をしていますか?

大学のDMや小冊子などを制作しています。進学を検討している高校生へ送るものを制作することが多いですので、高校生がその進学先に入りたくなるようなデザインや意図を考えながらつくることが仕事です。女子大学や、総合大学、それぞれ大学によって考え方や、目指している方向が違いますので、それを踏まえて考えるのは、とても楽しいです。

Q.どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

デザインとは、画家などのアーティスティックなお仕事とやることが大幅に違います。ただカッコイイ、可愛いものをつくればよいというワケではないです。制作するものの意図、機能、用途などを考えてどうやったら売れるか、手にとってもらえるか、などを考えながら、制作します。そういったところを気をつけながらお仕事をしています。

Q.入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

サンアイは広告代理店の方々と一緒にお仕事をすることが多いのですが、その代理店の方からその先のお客さま(大学であれば、大学の制作物担当の方)より先日こういったお言葉をいただきました。『「今回、デザイナーさんが楽しんでやってくれている気がするの。とってもかわいいし、伝わってくる!」と言われました。草場さんのお力をおかりした結果だと思っています。ありがとうございます。』こういった言葉です。何より嬉しかった出来事でした。

Q.これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

自分の好きなことを仕事としてやれるということは、とても恵まれていることだと、私は思います。自分の将来を楽しく出来るか否かは、自分次第。やりたいことに向かって頑張ってください。

 

——————–——————–
小田康代
12期2010年卒・宮崎工業高校出身
——————–

Q.この会社では、どのような仕事をしていますか?

主に、化粧品や健康食品を扱う会社の通販の仕事を中心にしています。毎月発行される会報誌を、チーム編成で制作しています。他にもイベントの広告やパッケージの仕事などを平行して進行することもあります。

Q.どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

どの仕事にどのくらい時間をかけるかを決め効率的に仕事を進められるよう考えています。自分の時間をかけたいことに費やせるような時間の使い方を心掛けています。また学生時代には、技術面だけでなく自分のアイデアをひねり出すことを2年間学んだので仕事に向かう姿勢として大切にしています。今の仕事にとって必要なことだったかな、と思います。

Q.入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

たくさんの人が関わっているからこそ自分の引き出し以上の仕事ができると、やりがいを感じます。どうしたらいいか悩んだときも、すぐ近くに頼れる先輩や上司がいるのでとても心強いです。

Q.これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

FDSの先生方は、学生一人ひとりをよく見てくれています。積極的に質問して、自分の可能性を引き出してください。
福岡で「はじめて」のコトにいっぱい感動してたくさんの人と出会い 笑って ぶつかって、人生の中でも大きな2年間を過ごしてみてください。

 

——————–——————–
波戸 るい
11期2009年卒・長崎北高校・福岡大学出身
——————–

Q.この会社では、どのような仕事をしていますか?
企画展のポスターやチラシの作成、旅行雑誌などページものの作成。

Q.どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

クライアントさんのことはもちろんですが、その先の、広告物を実際に目にする人達の心が動くような広告を作りたいと思っています。

Q.入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

自分が作ったものを、街で手にとっている人を見かけたとき。

Q.これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

FDSは、作ること、考えること、人とのコミュニケーションがバランス良く学べる学校だと思います。3つ全てが仕事をする上で、大切なことだと感じています。

 

——————–——————–
田中美帆
13期2010年卒・ 筑紫中央高校出身
——————–

Q.この会社では、どのような仕事をしていますか?

主に紙媒体を制作しています。大学のパンフレット、告知ポスター、新聞広告など様々です。デザインだけでなく、取材や撮影をしたり、イラストも描きます。

Q.どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

初めて見る人に、伝えたいことがすぐに飛び込んでくるかを考えながらデザインしています。

Q.入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

自分のつくったものが世に出て、その成果が分かったときです。クライアントの方にまたお願いするね、と言われたときは嬉しかったです。

Q.これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

たった2年間の学生生活でしたが得たものは大きかったです。福岡デザイン専門学校で学んだことが、今の考え方の基本になっていると思います。

 

ご協力いただいたデザイン・サン・アイのみなさま、ありがとうございました!
デザインの現場、いかがでしたか?今後も幅広いデザインで活躍する卒業生、先輩たちの今をUPしていきます。

posted by NIIHARA.