FDSを卒業した先輩たちの今をご紹介しています。今回は、店舗デザインの現場から。

JR九州リテール株式会社
平成8年2月1日設立。平成17年7月1日、ジェイアール九州リテール株式会社と九州キヨスク株式会社が合併し社名変更。
主な事業内容は、
【コンビニエンス事業】ファミリーマート
【専門店事業】キヨスク、銘品蔵、ミニコンビ、f ショップ、博多座「雅」、驛市場、博多小径、通信販売
【ファッション・コスメ事業】メリーメイズ、ラ・クラース、ユニクロ
【自販機事業】自動販売機の運営
などを手掛ける、九州大手の企業です。

01
博多小径

02
博多小径をディスプレイしている吉田さん

さてそこで、FDSを卒業後、JR九州リテール株式会社でデザイナーとして活躍している吉田さんに質問してみました。

 

——————–——————–
吉田彩夏
14期2012年 立体空間デザイン系卒・城南高校・香蘭女子短期大学出身
——————–

Q.この会社では、どのような仕事をしていますか?

弊社では、キヨスク、ファミリーマート、またファッションコスメ部門では、メリーメイズ、ラ・クラースという店舗を運営しています。私は経営企画部・設備課に所属しており、その店舗の改廃に関わる竣工までの一連の作業及び現場監督、POPデザイン・レイアウト、ディスプレイを担当しています。お客さまの視線や動線に合わせたレイアウトを考える、商品を思わず手に取ってみたくなるようなPOP・ポスターを制作する、魅力的なディスプレイをするな ど、お客さま・販売員・他部署・取引先のそれぞれの思いを汲み取り具現化するために、活発な意見交換をしながら店内の空間を総合的に考えるので、とても楽し い仕事です。

Q.どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

主役は、買い物にいらっしゃるお客さまと、そこで働く販売員であるということです。
空間デザインもPOP・ディスプレイも、お客さまへ商品やおもてなしを提供するための環境・空間づくりなので、デザインそのものが目立つのではなく、商品を引き立てるように心掛けています。また、飛び入りの仕事などが入ることも多いので、クオリティを高めるために常に危機感とスピード感を持って余裕のある時間配分をするようにしています。

Q.入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

先輩や上司の方々など周りの環境にとても恵まれていることです。特に「失敗しても、その尻拭いはいくらでもするから、どんどん挑戦して失敗して勉強したらいい。そのために上司がいるんだから。」という言葉を頂いたときは、とても心強く思いました。

03

Q.これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

デザインの世界に飛び込むことは勇気のいることでしょうが、デザインの世界に身を置くと様々な刺激を受けることは自分磨きにもなります。入学してからの2年間はとことん吸収する時間にあて、感性を磨き、自然体の状態でデザインと向き合えるようになることが大切だと思います。将来の自分のために「本当にしたいことを探す」有意義な時間にしてください。

 

ご協力いただいたJR九州リテール株式会社のみなさま、ありがとうございました!
デザインの現場、いかがでしたか?今後も幅広いデザインで活躍する卒業生、先輩たちの今をUPしていきます。

posted by NIIHARA.