FDSを卒業した先輩たちの今をご紹介しています。さて今回は、ディスプレイデザインの現場から。

《株式会社小野工芸社(東京)》
株式会社小野工芸社は、看板制作からスタートして80年余りの歴史ある企業です。現在は、展示施設・商業施設・文化、公共施設・ディスプレイ全般の企画から設計、製作、施工までをトータルでクライアントより仕事を請けています。

皆さんが知っているところでは、INAX(リクシル)・デサント・トラサルディ 日本橋三越店・大林組・乃村工藝社・東京ガス・TOKYOモーターショー・ニッサンテクニカルセンター等をはじめとする数々の実績を誇る、東京に拠点を構える企業です。

01
写真の4名は、FDSの卒業生で左奥から後藤さん、靱(ゆき)さん、左手前の樋口さんと豊福さん。そしてカメラマンが滝さんの5名で、現在デザイナーとして勤務しています。

02

03
FDSの卒業生たちが実際にプランニングした作品をみせて頂きました。こうやって展示会はデザインされ成り立っているんですね〜。上の資料は写真のようにみえますが、これはコンピュータで描いたデザイン画なんです。企画・提案がお客様に対して分かりやすい!これがデザイナーの仕事なんですね。

さてそこで、FDSを卒業後、株式会社小野工芸社でデザイナーとして活躍している樋口さん、滝さん、靱さんに質問してみました。

 

——————–——————–
樋口 重治
3期2001年 立体空間デザイン系卒・荒尾高校出身
——————–

Q.この会社では、どのような仕事をしていますか?

主に、展示会のブースデザインをしています。いろんな会社が出展する中でどのようにクライアントのメッセージや商品を効果的に訴求するか考え、カタチにしていく仕事です。

Q.どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

あまり考えが固まらないようには気をつけています。固執すると発想が貧弱になるので…時折またゼロからデザインを作り直したり色々試したりしています。

Q.入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

クライアントに指名されるときですかね?あと出来上がったデザインに対してクライアントから良かったと言われるときですね。

Q.これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

2年間という短い学生生活でしたが、間違いなく今の自分の基礎となっていると思います。あとは、本人次第だと思いますので頑張って下さい!

 

——————–——————–
滝 明世司
13期2011年 立体空間デザイン系卒・長崎南山高校・崇城大学出身
——————–

Q.この会社では、どのような仕事をしていますか?

主に、展示会のブースデザインやそれに伴うグラフィックデザインをしています。その他には企業のコミュニケーションスペースや店舗什器など、クライアントである企業とお客様を空間で結ぶデザインをしています。

Q.どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

クライアントが何を求めているのか、良く考えてデザインすることです。そこが違っていると全てがダメになってしまい、ゼロからやり直す事になってしまいます。短い期間でデザインをするので、時間と体力は大切にしたいです。

Q.入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

基本的にコンペ形式で仕事が入るので、自分がメインでおこなったコンペがとれた時は特に嬉しいですね!自分の満足よりクライアントに気に入ってもらえる事がやはり一番です。

Q.これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

何がこれからの役に立つのかわからないので、とにかく何でもやって挑戦すること。自分の考えを持つことも大切ですが、時には他人の意見に耳を傾け、柔軟に行動しましょう!

 

——————–——————–
靱(ゆき) 達義
14期2012年 立体空間デザイン系卒・早良高校出身
——————–

Q.この会社では、どのような仕事をしていますか?

主に、店舗内装に関わる仕事を中心にしています。他にも、展示会やイベントなどに関わる仕事にも参加したりしています。

Q.どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

職人や協力社などとのコミュニケーションを大切にしています。どんなに良いものを設計しても、職人や協力社に設計の意図や用途を理解してもらったり、より良い環境で作業してもらうことが、良いものを作るには不可欠だと思うからです。

Q.入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

自分が関わったお店が OPENした時や、会社の人やクライアント、職人など多くの人と関わることにより、たくさんの事を学び、体験することができたときです。

Q.これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

FDSは専任講師に加え、現在いろいろな場で活躍されている講師や特任講師の方とも気軽に関わることができ、より実践的なことやリアルタイムなデザインについて学べることのできる場だと思います。そして、そういった方々と関わることは技術や知識を学ぶだけではなく、社会で必要となるコミュニケーション力を持つことが出来ると思います。

 

ご協力いただいた株式会社小野工芸社のみなさま、ありがとうございました!
デザインの現場、いかがでしたか?今後も幅広いデザインで活躍する卒業生、先輩たちの今をUPしていきます。

posted by NIIHARA.