FDSを卒業した先輩たちの今をご紹介しています。さて今回は、編集デザインの現場から。

株式会社 バド・クリエイト
小林さんや重松さんが勤務している、バド・クリエイトは東京に本社を構えるバドインターナショナルグループの企業で、グループ全体では社員約700名の制作会社です。旅行代理店のパンフレット、DM等の販促物の制作を中心に編集デザインから印刷物まで一貫して受注をする、企業としては最大級です。
その中でもバド・クリエイトは、福岡に本社を構えるグループ会社の一つで、総勢約70名の陣容です。

主な事業内容は・・・
・デザインおよび制作全般
・SP:販促用チラシ、DM、パンフレット、情報誌など
・ウェブ:ウェブサイト、コンテンツ
・広告:新聞、雑誌

01
FDSの卒業生でバド・クリエイトに勤務している、左から重松さんと小林さん。

02
社内の様子。

さてそこで、FDSを卒業後、株式会社バド・クリエイトでデザイナーとして活躍している重松さん、小林さんに質問してみました。

 

—————————————-
小林祐子
14期2012年 視覚情報デザイン系卒・筑陽学園高校出身
——————–

Q. この会社では、どのような仕事をしていますか?

主に、制作部で旅行誌の制作に携わっています。

Q. どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

客観性を持つよう心がけています。情報量の多い冊子ですので、文字は小さすぎないか、写真のトリミングは大丈夫かなど、時には同僚の意見も参考に、制作にとりかかっています。

Q. 入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

私が関わった誌面に、お客様から良い反応を頂けるととてもうれしいです!さらに刷り上がった誌面を実際に手にしたときは、私の仕事が多くの方の目に触れる物であることを実感します。

Q. これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

私は福岡デザイン専門学校で、たくさんの仲間と出会い、それぞれの個性に刺激を受けました。情報共有をしていくうちに、新しいジャンルのものに出会えたり、自分が全く興味の無かったものが魅力的に思えてきたり、発見の多い2年間でした。これから入学を検討している方々も、学校で出会う人々とのコミュニケーションを大切に、自分の世界を広げてみてはいかがでしょうか!

 

—————————————-
重松麻莉子
14期2012年 視覚情報デザイン系卒・福岡女子高校・セツモードセミナー出身
——————–

Q. この会社では、どのような仕事をしていますか?

主に、私は編集担当なので、お客様の意見を営業所でまとめた原稿FAXを受け取り、写真を調べたり、コピーを考えたり、原稿をより分かりやすく編集して制作の方に渡せるようにしています。

Q. どんなことに気をつけて仕事をしていますか?

制作から上がってきた原稿をチェックする時にミスを見逃さないようにしつつ、提出時間に間に合うよう気をつけています。

Q. 入社して、嬉しかったことや楽しかったことは何ですか?

自分が関わった広告の評判が良かったなどと聞いたらとても嬉しいです。社内の雰囲気が良いので、仕事は大変ですが楽しく働かさせて頂いてます。

Q. これから入学を検討している方へ向けてのひと言。

社会人になったら作れないものが学生生活の間では作れると思います。2年間はあっという間です。視野を広げて、時間を有効に活用して、周りと刺激し合いながら、将来のために頑張って下さい。

 

 

ご協力いただいた株式会社バド・クリエイトのみなさま、ありがとうございました!

posted by NIIHARA.