現在、福岡デザイン専門学校の 『第20回卒業制作展+アジアデザイン交流展』が福岡アジア美術館で開催しています。開催期間も残すところ、あと1日となりました。

そんな中、会場であるアジア美術館8階にて、立体空間デザインコースの卒業制作展プレゼンテーションが行われました。立体空間デザインコース講師の先生が、学生の作品をそれぞれ回りプレゼンを聞いて講評していきます。ちょっとだけ、その様子をお伝えしますね。

福岡デザイン専門学校(FDS) 立体プレゼン
制作者である学生も、プレゼンを聞く先生たちも真剣そのもの。


プロの先生を前に、やや緊張気味だけれどしっかりと自分の作品のプレゼンをしていました。

福岡デザイン専門学校(FDS) 立体プレゼン福岡デザイン専門学校(FDS) 立体プレゼン
建築デザインのコーナー。細かな部分まで再現されていて、パネルの説明もとても分かりやすい。

福岡デザイン専門学校(FDS) 立体プレゼン
さて、いよいよ先生たちからの講評です。

福岡デザイン専門学校(FDS) 立体プレゼン
この日のために作品を造り上げてきた学生も、それを近くで見守ってきた先生たちもお疲れさまでした。福岡デザイン専門学校で学んできたこと、全てを出しきった作品はどれも素晴らしい出来でした。

そんな学生の集大成が見れる卒業制作展も、いよいよ明日30日(火)が最終日です。最終日は18時までとなっておりますので、皆さんのお越しをお待ちしております!

福岡デザイン専門学校